FC2ブログ

記事一覧

鳥海山久々に一泊

今回はプライベートの山行での鳥海山(18~19日)山頂に庄内在住の写真家であり地域の山の名手であるY氏無明舎出版から発売中の「ばりこの秋田の山無茶修行」の著者である、ばりこ女史が鳥海山に向かうとのことで、山頂小屋に個人的に届けたいものがあったので6月の鳥海山頂美術館へのボッカの際にサポートして頂いたT女史親子に今回も背負い切れない物を分配でお願いしてと、各自で山頂小屋で合流しましょうとのことで鳥海山千...

続きを読む

今シーズン鳥海山スタート!

昨日は県北の端~小岳のガイド随行から真逆の南の端(笑)そして本日は今年も濃ガス!それに加え強い風+雨の気温10℃の祓川。今年も鳥海山御室小屋の管理&鳥海山美術館を主幹する登山ガイド仲間のM君と御室小屋への先行の荷のボッカをすべく雷の懸念さえ無ければ豪雨であろうと行かねばならなかったのです。でないと、小屋が開く際に水を確保できない!鳥海山美術館も開館できない…そんな中、毎年、ボッカの荷にファーストエイド...

続きを読む

百花繚乱の里山に

※著名座でもなく、また地図には登山道記載も無いフィールドと希少性の山野草もありにてパーソナルデータ類は表記しません。山歩きの雑記帳主幹をはじめ東北の山岳写真・山行の雄である佐藤Y氏と先日、自身の山を綴った1冊が刊行されたばりこ女史そして地域のこの山に精通されているN女史、そして私の4人でスプリング・エフェルメラルを見に、ゆっくりのんびりの散策をば。ここには帰秋した~今から約25年位前の秋に訪れた時以来...

続きを読む

鳥海山 祓川(康新道)を行く

8月6日(日)私が寄稿にてお世話になっております山歩きの雑記帳その主幹でありますS氏と、その山友でありますN氏そして宮城県在住にてNHK全国放送をはじめ地域局の山岳ならびに山と渓谷社や岳人(月刊・季刊)で山岳写真の一線でご活躍されておりますF氏と盛夏のチョウカイフスマを愛でるというテーマで鳥海山は祓川登山口より、康新道至る~ベーシックコースで下山で楽しみました。朝5:50登山口を発ち、各位、それぞれのペ...

続きを読む

今シーズン鳥海山スタート!

今回は仕事なんかじゃなく自分としてはホームに詣でる意味で個人山行となります17日、当ブログのリンクにもありますChoukai TRIBEの代表・松本さん(同じ登山ガイドであり、由利本荘市遭難捜索隊・隊員)彼の一番の顔は、鳥海山通なら必ず逢ってる筈!夏の山頂小屋「御室小屋」の管理人であり夏に山頂に常設される鳥海山頂美術館の館長。7月1日からの小屋開を前に美術館の作品をUP、そして小屋営業前に貯水タンクの整備という...

続きを読む

プロフィール

佐藤 浩二

Author:佐藤 浩二
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策担当)

「Mountain pilot 森・沢山」として
この春より秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開いたします。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら世界遺産地域の巡視(林野庁)活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。