記事一覧

ついに修了。あきた白神ガイドレベルアップ講習会

秋田県生活環境部自然保護課白神ガイドレベルアップ講習会年を明け、28日・第9回はフィールド実習、29日・最終の10回は机上、この2日間の受講を経て全10回を修了致しました。私は9回出席。どうしてもガイドの随行をせねばならず1回欠席しました。フィールド実習では里山ですが雪シーズンでのガイディング(自然観察及びお客様の安全確保)のメソッドの実践と考察里山ですが、このように隣人(隣熊?)の息吹を濃密に感じられます...

続きを読む

秋田で究極の秘湯? 

山行というよりは散策なのですが (^^ゞ秋田県北~青森と目と鼻の先の小坂町にある奥奥八九郎温泉積雪はスノーシューを履いての湿り雪でも膝までの深さまで沈む程おまえの体重が重いからだ!と言われそうですが…ここまで至る道はハンノキが沢山。空も明るい曇から太陽が出たり隠れたり(気温は3月上旬程まで上がったと帰路のラジオでは言ってましたが)昭和の中頃、天然ガスの試掘の穴から沸き出したと言われる温泉ですが100%源...

続きを読む

JMGA登山ガイドstⅡ 受講終了しました

22日の紙面から※お恥ずかしながら青いニット帽、赤いジャケット~正面にしゃがんでいるのが私です(汗昨年5月、9月、そして今月21~23日にかけて日本山岳ガイド協会(JMGA)の登山ガイド・ステージⅡの認定講習会が終了。長かったようで、間隔は空けれど気が休まることのない1年でした。3日のフィールド実践は完全ホワイトアウト&強風の森吉山(石森~森吉避難小屋まで)今まで幾度とこの季節、タフコンの森吉に入りましたが樹...

続きを読む

かんじきを履いて海から突きぬけるラインを…

海から山がスタートする健著な山といえば青森県の白神岳や山形県と秋田県にまたがる鳥海山の思い浮かべる方が多いかと思いますが1月18日、ナマハゲ伝説で有名な男鹿半島も実は四山(五山と捉える場合もあります)の山から形成されており、そのうち最も沿岸部~海抜0m水平線から滑らかなラインで標高617mに至る毛無山を積雪量を見計らい散策してきました。ナマハゲが一夜にして九九九段の石段を築いたと言い伝えられる五社堂...

続きを読む

今年の冬将軍の腰は重かった…

ようやく、今季の冬将軍、重い腰を上げてくれましたが満を持して?でしょうか、ハッスルし過ぎな感じも(^^ゞただ温暖な沿岸部にまとまった雪をもたらしてくれて週末には天気も良いタイミングが多く助かりました!南から北へ、水を汲みに行ったり神社に参拝したりと右往左往しております。標高約200m「達子森」柔らかい「うぶ」な雪の里山から眺めたり元滝では美味しい水をお土産に…普段は通り過ぎる林道でカンボクの「ゆきかぶり...

続きを読む

ホーム~高山に詣でる

寒中お見舞い申し上げます。本年も宜しくお願い致します。例年の大晦日から元旦は秋田県、日本海独特の冬の猛荒や雪に見舞われるのが常なのですが穏かな天気に恵まれた年越しとなりました。今年の登り初め、太平山前岳に行くか?岩谷山でガッツり登るか?それとも安穏とゴンドラに揺られて森吉山にするか?車で乗り付け寒風山姥ヶ岳にするか?それとも元旦イベントで混雑七座山?と迷いながらもやっぽりせっかくならあまり人が居な...

続きを読む

プロフィール

佐藤 浩二

Author:佐藤 浩二
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策担当)

「Mountain pilot 森・沢山」として
この春より秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開いたします。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら世界遺産地域の巡視(林野庁)活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。