fc2ブログ

記事一覧

屋久島~日本初の世界遺産認定の島へ!

屋久島…
言わずと知れた世界遺産~日本では姫路城、法隆寺地域の仏教建造物
そして拙が所属するガイド協会の本拠地「白神山地」この4箇所が1993年に日本で初めて認定されたのですが
自然遺産というカテゴリでは僅か4箇所~その兄弟分といえる屋久島のガイドの皆さまが
昨年、世界遺産認定25周年を機に研鑽交流会とし、白神山地(藤里町)に訪れて頂いたのですが
(私は所用が混み参加できず…(´;ω;`)ウゥゥ
今年は藤里(東京や鹿児島から合流のメンバーもあり)から総勢16名
屋久島に研鑽交流会ということで22日、青空快晴のフライト日和りの大舘能代空港を発ちました!
実は過去2回程、当時の師匠と屋久島行を計画したことがあったのですが
やはり台風やら各々の事情で2回とも実現せぬまま今日を迎えたのですが…

がっ!!

19112118.png

はいっ(;´Д`) まさかのこの時期の台風(27号)の来襲!
まさか2度あることは3度ある?皆の視線が少し痛い…
鹿児島までは何とか飛んだのですが、まさかの屋久島への便が欠航…翌日の便の余席も10しか無く
早々に今回の屋久島で一番の目的であった宮之浦岳縦走計画は頓挫となる羽目に…(´;ω;`)ウゥゥ
そして今日は渡島難民状態(ノд-。)あぅ。。あう

77111682_1445867975561953_6739167574233186304_n.jpg
※これは鹿児島にて高速船トッピー待ちの時の様子

鹿児島空港からバスで市内は天文館に移動し、まさかの(嬉々として)の鹿児島ナイトを堪能…もとい強いられる羽目に(笑)

78312994_1445869028895181_1790015272300576768_n.jpg

74604758_1445868712228546_2726180630860660736_n.jpg

kuma.jpg

翌23日早朝
高速船乗り場で何とか定員分の席を確保できたのですが、船に乗るのも考えてみれば
自分的には北海道に十年前に渡った以来だなぁということで(爺ィの漁船には毎度乗らされてましたが…(笑)
天気には逆らえないし、こんなアクシデントも、まぁ、いいよね…と言い聞かせているうちに屋久島に到着

78550932_1445869345561816_6450952423740538880_n.jpg
※海はさほど荒れてませんでした。鹿児島湾で見る桜島、開聞岳も絶景でした♪

港では屋久島ガイドでもあり先日の全国大会でも世話になった
屋久島ガイドオフィス山岳太郎代表の渡邊氏と屋久島ガイド「フォレック」代表の古賀氏をはじめ屋久島ガイドの方が出迎えて下さりました。

屋久島初日は白谷雲水峡をトレッキングすることに。
南に来たなぁという実感は11月でも暖かい、落葉広葉樹ではなく照葉樹~青々とした山並み、シダや苔の多さなど
随所が北日本、しかも島という特殊な環境故に目にする全てがカルチャーショックでありました!

78185725_1445867098895374_7690626542535180288_n.jpg

特に屋久島の「屋久杉」 このコースの中では実は屋久杉は伐採された後の「土埋木」や切り株更新の
切り株などが主となり、立派にそびえる巨大な杉でさえ、まだ成人式すら迎えてない若いのばかりですという
解説に唖然とするしかありませんでした@@

78522574_1445867258895358_6661041307370127360_n.jpg
巨木を撮影するにも入りきらず…。この根に刻まれている歴史の数、深さよ…

79442255_1445866248895459_970936099528507392_n.jpg
もののけ姫の舞台になったの、納得です!

当然、土地が全く違う世界なので白神と比較すると真逆も真逆です…
けど、通じるのは、この豊潤豊穣の森に、人間が糧を求めて分け入り、その恩恵で栄えた
森を敬う精神があったのは熱く痛く感じたのは確かです!

屋久島初日はこの谷の散策で終始し、宿へ。
夕食も各々、道中にあるスーパーで弁当や酒を買って質素に済ませてで初日は早々に床に就きました。

24日

屋久島には月35日も雨が降る
当に言い得てました!温帯になった台風で刺激された前線で昨夜からずっと相当の雨量です…
カッパでも歯が立たない感じにて雨が弱まるであろう午後までは車で箱モノ(施設)を中心に見学することに。
町立屋久杉自然観では降雪で折れた縄文杉の本物の枝(といっても幹?という程の巨大さ)から
屋久杉の生態から人との関わりの歴史を見学。
そして、もう一つ自分がどうしても見たかった(いや皆がそうかと)環境省の屋久島世界遺産センター
ここで白神山地と共に1993年にユネスコから渡された証である認定証、これをどうしても拝みたかったのであります!

78367825_1445865628895521_8160264079433269248_n.jpg

他にも環境省の機関、展示の中に屋久島の永田のウミガメ産卵地がラムサール条約に入っているという
解説があったのですが、ラムサールといえば湖沼や湿原・干潟というイメージが強いのですが
砂浜も入っているというのが一つ勉強になりました!

雨は強くなったり弱くなったりで、以降は千尋の滝

78072067_1445865425562208_3079732065105608704_n.jpg

ここでは右岸のフェースにルートがある~グレードや終点など渡邊氏より詳細な情報を聞け
その次に竜神の滝、トローキの滝を巡り
〆は大川の滝の大迫力に絶句!!

78358940_1445865285562222_2866326564780376064_n.jpg

しかし、この迫力なれど、まだまだ全然のようらしく、MAXでは滝は全て1本になり
写真にある人間が居るところは流下で飲まれている場所になるとのこと@@

滝は自分的には東日本では大凡を見てきた〝つもり〝 でしたが
タイミングもあるでしょうが、この滝は島レベルでなく大陸レベルじゃ?とド肝を抜かれました。
その後は島をほぼ半分走って頂き、車窓から見える景色
バナナや柑橘類が普通にあり、田んぼは見当たらないし、クワズイモは美味しそうで実は毒だったり
ヤクザルはちっちゃくもしゃもしゃで可愛いし、コンビニはなくてもモスバーガーはあったり
台風時、風速50~60mはザラとさらっと言うしで、本当にエキサイティング♪
最後に中間のガジュマルを見て

77407994_1445865195562231_8382159488857145344_n.jpg

ああ…やっぱり南国なんだなぁ~と実感。
一日のスケジュールを終えて、夜は島の店にて屋久島ガイドの皆さまと待望の大懇親会っ!
もうフィールドとかの垣根関係なく、みんなで情報交換から面白話からお国自慢から
焼酎「三岳」の力を借りるまででなく、あっという間に打ち解けて最高の笑顔、笑い声で
屋久島の楽しい夜はあっという間に更けました。
最後に、この機会を今後も継続していき、東西の自然遺産の連携を深めていくことで皆一致団結できたと
思っております。

最終日25日

もう山あるあるですね…(-_-;)
朝から清々しい青空!昨日までの雨が嘘のようです(;´∀`) さいっ!

空港までもやはり屋久島の皆さまに脚のお世話になりました。
視野に見える山並み全てを地域では「前岳」と呼ぶそうです。
その奥は濃い雲に覆われたままです。
空港に到着すると渡邊氏をはじめお見送りをして頂き、そこで愛子岳を拝むことができました。

79492443_1445864488895635_1691108270032289792_n.jpg

皆さんには社交辞令ではなく次、近いうちに必ず行きますと伝えました。
冬の降雪期に長縦走を必ず現実したいと思いました。

今回、宮之浦岳をはじめ縄文杉など叶わないことが多々でしたが、何はともあれ大きなアクシデントが無かったのは
幸いでした。
また、この場を借りまして屋久島ガイド連盟の皆さまにはお世話になりましたこと心から御礼申し上げます。
今度は新緑の白神山地、東北の温泉や高山植物咲き乱れる山に是非ともお出で下さい。
その時は秋田の地酒と山菜で大いに盛り上がりましょう!











スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。