FC2ブログ

記事一覧

イワナばかり…

昨今、登山も関連する団体よりの自粛要請、サーフィンも報道でもうご存知の通り
自然の中でのホビーも「3密」をはじめ、越県など、諸問題を含み、人の目を気にしながら
他人に注意(気遣いの意味で)しながらなのですが「釣り」に限っては正直、どこ吹く風?な
感じというか…(;^_^A

釣りに関わることも仕事の一つにて、どうしてもこの状況下で釣りに出向かねばならない場面が
出てきます。
渓流釣りでは単独釣行さえ守れば、釣り場で第三者に遭遇することもほぼ皆無
先行者や後行者とは断トツな距離を保たねばならないので「3密」も皆無
となると自宅から釣り場までの移動距離を考え、道中、降車しなければ自他ともにリスクも回避できます。
ただ、釣り場で怪我や遭難等の騒ぎになると目も当てられないので
入渓退渓は困難な場所でなく、万が一の天候変動でエスケイプが容易な流れとなると
どうしても人が数多入る激戦区での釣りになるのは必至…
そこの兼ね合いでは他のアングラーとのバッティングの可能性は大きいのですが
むしろ、そのタフコンデションで魚を掛けてこそと開き直り努めるしかありません…

asd.jpg


4月中旬、北部の細流。ゴルジュぽく見えますが、実は入退渓が容易で
釣り人よりも山菜採りでしょうか?足跡が多くてびっくりしつつ入った川では
サイズこそ望めませんでしたが小気味良くロッドを絞る岩魚達に恵まれました

asd (2)


そして今日は沿岸部にてで
河口からもう相当上流部でスモルト化したアメを掛けたのですが、口から✨✨✨✨✨したのは
自分の半身もあろうかというシコ(イワシ)Σ(゚Д゚)

asd (3)

貪欲なのも驚きですが、この流程まで海と行ったり来たりしているパワーにも驚きです

で、その後、31㎝のアメをキャッチ。これにて実証は満足満足と、残りのポイントでは釣りよりも
山菜探しモードに(;^_^A
で、何気に気になった岩盤の段差にミノーをキャストしたら「ぬっ」と50cm近い
どっちかというと鯰?雷魚?ぽい感じで魚影が半身だけ出し、ミノーに反応
「おぉ!?」と思い、見切られたであろうミノーを止め、同じモデルでカラーチェンジし
再度キャストしたら、そのデカいのは相変わらず半身のみ乗り出すも、次の瞬間ガン!!
と来てドラグがチリチリと鳴りながら水面をバタンバタン!
木っ端が我慢できずひったくりやがったかぁ…(-_-メ)
ネットインして一応計測すると40㎝には3㎝足りない…
あのデカいの見てしまってからは嬉しさは微妙…

asd (4)

その後、魚止の堰堤の上部の駐車場ポイントのみに入りニジを追加

asd (6)

ただヤマメは掌サイズのみしか拝めずで、4月は気温は平年並み…いや以下?とも言える
冷え込みの毎日で(魚は錆は皆無ですし、代も冬期に発生でいつもなら今時期が旺盛なのに
もう収束してますし)活性は低いのだろうとも思えますが、やはり揚げている仲間は尺や9寸、8寸の
姿はLINEで送られてくるしで、やはりはまだリハビリは必要なのだなぁと痛感…

魚を集約して撮影するアイテムがあるのですが、久しく引っぱり出したら破損しており
何気に釣り具店に注文したら既に廃盤のこと Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
これもまたリハビリと共に浦島太郎状態…
何とか事なきは得ましたが、これもまた釣り東北&新潟でいずれ触れたいと思っております。



92849683_1582451191903630_6576327810510487552_o.jpg

ワサビは寒さに強いので食べ頃がモリモリですがタラの芽やアイコは小さい…
新型コロナも然りですが今年も何か気象で右往左往されそうな感じです…




スポンサーサイト



コメント

No title

はじめまして、お邪魔します(^^)

凄い模様のニジマスですね!
岩魚も綺麗でカッコイイ。
ニジマスは釣った事あるのですが
岩魚は未経験。1度は釣り上げてみたいです。

Re: No title

変な釣り人さま。コメントありがとうございます。
世代を積み重ねているせいかゴマ模様が凄いですが側の虹色も相当深紅です。
東北は水温が低いタイミングはイワナ天国ですので
この騒動が収束しましたら是非とも♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 浩二

Author:佐藤 浩二
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。