fc2ブログ

記事一覧

この病だけは…

tatoruna (2)a

先週のこと。
連日の真夏日で減水からいよいよ渇水という状況でありましたが
やはり週末間近ともなれば気も漫ろでソワソワとなってきている矢先
若い頃に一度、発症し形(なり)を潜めていた病が再発(;´Д`)
※2月、3月に予兆こそあったんですが喉元過ぎると、まるっと気にせずになるんですよね…
救急車で搬送されて、いやはやご覧の通り…

102679844_1628396893975726_5051963111645380608_o.jpg

コロナ禍の盛期が過ぎてからの発症は不幸中の幸いと言うべきでしょうけど
やはりは医療機関にこればかりは…と思いながらも負荷を掛けたような気がして
申し訳ないような、軟弱な身体に情けないような…

検査を兼ねての入院から昨日、退院したのですが、当面は様子見ということで
登山は絶対に禁止。しかし軽微な運動は大丈夫と御墨付きを頂き
今日、久しくの雨!いつもの安近短の川で軽微な運動を小一時間行ってきました!(爆)

『釣り』この病だけは治りようがないと諦めました(;^ω^)

tatoruna (3)

連日の真夏日、田んぼに水を搾取され、且つ、乾ききった山野に昨夜からの雨では
まだ充分に潤わせるには程遠く…

いつも結ぶミノーに魚はアタックこそしてくるのですが
ほぼほぼピンポンダッシュ!宜く、ミノーこそ咥え
身を翻すのですが瞬間にフックアウトするという甘噛みコンタクトのみ(+_+)
そこで、まだ原稿の関係でネタバレはまだ出来ないのですが市販~普通にショップで入手できる
とあるルアーにチェンジ(※ワームでありませんぜ(;´Д`)すると
はい!ドンピシャで立て続けて2尾 ・ ・ ・

tatoruna.png

なんですが、今回も天気が雨だけにイワナの雨アラレなような。、…もとい、予感…

もう呪文のように「ヤマメはどこだぁぁぁぁぁぁ」「ヤマメが欲しいぃぃぃぃぃ」と独り言をブツブツ…
流れの脇の畑で作業をしていた翁、きっとヤバい奴が川に居ると思っていたことでしょう…(;^_^A

雨が本降りから、やや強みを増し、笹濁りが差してきた頃、ネタルアーから今度は王道のミノーに交換し
流芯のレーンでも濁りとクリアの境目を中心に通すと、ガツッ!ギラッ!
一瞬「すわっ!銀化ヤマメかっ?」と思うも、銀化は銀化でも、昔謂われていた
ヒヤミッコギノサクラマスならぬヒヤミッコギノアメマス…orz

※ヒヤミッコギノサクラマス~秋田の渓流ルアー第一人者であるAS氏がかつて著書で記載していた
河口と渓流を行ったり来たりしているだけで海に下ることなく成長したサクラマスサイズでもなく
ヤマメとも言い難い曖昧な位置の個体


tatoruna (2)

しかもミノーがタイニーなスタイル故にガブ呑されている始末…
きちんとアワせられなかった自分のヘタレぶりに落胆…
気を取り直し、同じポイントの2m程、上にキャストし同様に通すも
またギラ!ノシッ!とロッドがしなる…
嗚呼…また同じパターンである(´;ω;`)ウゥゥ

この2尾には本当に悪いことをしてしまった…と反省。
有難く頂戴させてもらうことにしようと納める。

それにしても今シーズンは、ヤマメに本当に縁が無い…
強い雨脚を避けるように川岸に背って生えた栩の下で雨宿りしながら考える…
ミノーの特性ではない。やはり自分の主眼の置き方に問題があるのだ
それをどう矯正するか…スパイラルに陥っている…
気を取り直し、フローティングミノーにチェンジし表層狙いしたら
掌に満たない子岩魚が喰い上げる始末 orz

tatoruna.jpg
※下3尾、目が開いておりますがライブです。この後、流れの中に元気に還っていきました

2尾、エゾ系イワナを追加で、もうヤマメに見放された感というか
今の自分のルアータッチでは岩魚しか誘うことができないと判断…
雨に風も混じりつつもあり竿を収めることに…

決して岩魚を卑下している訳でないのです。(ウグイやハヤ、カジカも。みんな釣れてくれれば楽しいです♪
ただ自分の思い描く渓流ルアーの醍醐味は、やはり狡猾故に大きくなったヤマメを手中にしてこそ
と願う訳ですし、釣り東北&新潟にて連載を頂いてる以上、結果を繋げねば単なる机上論で終わってしまう訳でありまして…

何はともあれ、そろそろ東北も梅雨入りの感が濃くなってきました
シーズン折り返し、今の自分をどう修正して大ヤマメに繋げるか…
正念場です
(そして身体と溜まってしまった本業も正念場かも…(;ノд-。)あぅ。。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。