fc2ブログ

記事一覧

1㎝ 10㎜ 大いなる壁

8月に入り、いや今シーズン、本当に良いヤマメと遭遇していない

6月に脱オチやタマリなポイントを攻めない宣言していたにも関わらず
結局はイワナに逃げたり、ヤマメが着きそうな背を攻めたとしても奇しくも虹鱒の猛追…

県北の川に一日、浸かる

akiya (2)

しかし、出たのが木っ端イワナやチビヤマメ…

akiya.jpg

むしろ写真なんぞに収めず「今日はNOキャッチでした…」と割り切った方が潔いというか
本当に見苦しい釣り…そんな姑息な釣りをしてるのだから
言い訳が利かないヤマメに巡り逢えないだろう…反省である

ということで、もう8月はもう「瀬」「流心」それどころか水が砕け波立つ
釣り波とか甘いトコでなく、そこに居れるほどの躯体=パワーを持つ魚だけを狙う!
釣れるか釣れないか 0か1か 

その決意した日、釣友から送られてきたMessengerの画像…
そこにはランディングネットに窮屈に収まっている
38㎝の厳ついハナマガリの♂ヤマメ
祝福の返信(気持ち)は当然だけど、やはり正直に言えば
同じ釣り人の業(サガ)ジェラシー、羨望も混じる訳で…

沢田賢一郎氏が書籍にて「百匹の尺ヤマメより一匹のサクラマス」と語るに同様
自分的には「百匹の尺イワナより一匹の尺ヤマメ」だと思っている…

ということで、今日、午前中、時間が空いたので県央単河川に。
本当は新調したタックル陣で臨みたいのであるが
仕事車だとコンパクトに収まる従来の4Pに…

9:00で既に高気温、水も渇水気味。ヌルもありにて水色は悪いのですが
仕事の道だとこの川しかないわけで…
入渓して、もう「落ち」「淀み」「ストラクチャー廻り」はイワナ回避にて本腰を入れないと決めるも
界隈から出るのが25cm前後の虹鱒(これはもう写真には収めず)の猛攻から始まり
そんな中でようやく同サイズ程のヤマメが姿を見せてくれた

akiya (3)

「これで安堵するようなら自分には、もう、シーズンに尺との遭遇は無いだろう…」
自分を鼓舞すべく、もうどんな些細~短いピッチの流程のザラ瀬…いやひたひたな水深だろうとミノーを投じた。
メソッド的にはここでは詳しく記さないが、その渇水というか「ひたひた」で今回、大きな閃きを得ることができた。
※ただそのシチュエーションのポイント~地形あってこそでありオールマイティーでないが

その閃きで攻めスイッチが入った魚が、自分の背を水面から出しながら
ミノーを眼前まで猛追し、バイト!
そして反転し流れの中に逃げようとも、もう主導権はこっちが持っている訳で

akiya (5)

釣友の大ヤマメはもう秋色に染まりつつありましたが
手中に収めたのは銀化が強い中にも光の加減でパーマークが浮かぶ個体
海から完全に遮断、バックウォーターも存在しない河川なので
本流棲みがこの支流に入ってきたのだろうか?

ドキドキしながらメジャーを当てる…
今回は本当に情けない話、ピッチリと、しかも何度も何度も確認するも…

29㎝…

何度も計るも

29㎝…


akiya (4)

一つまた新たな経験値に目覚めるも、結果が本当にショボい…( ノД`) 伴わない…

「1cm」・・・ 
尺を越えなければ、29㎝だろうと掌サイズだろうと、結局は同じ。
本当に本当に、本当に大きい壁である…
正直…情けない話、メンタルが弱く、この一尾で心が折れて納竿…

今シーズン、本当に尺を手中にできるのだろうか…不安な終盤突入であります…
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。