fc2ブログ

記事一覧

改めて教えられたこと…

今日は十代半ばの少年の渓流行の案内…
の筈だったのですが、終わってみれば、共に肩を並べる、しっかりとした釣り仲間としてでした。
ご両親が、山に峪にと幼少より連れ経っていたのですから当然
もう東北の田舎の子よりも、しっかりとした彼!

DSC_1051.jpg


昨今、アブが嫌だのとかで人気のオモチャをぶら下げている
(正直、あれ効くんですかね?何年か前にトラロープの模様がオニヤンマに似ているということで
登山とかでお祭り騒ぎ状態でぶら下げている方々を多く見受けたものですが
当然効果がある訳でなく、今や居ない…(笑)
虫が形状で判断している以上に、色彩やニオイの方を有力に判断材料としているのは
明確と思うのですが、人間が感じる可視色彩と昆虫の感じている可視色彩は完全に違うし
なにより単にオニヤンマの「黄」「黒」あれは人間が作った塗料と本物の色素では
昆虫サイドから見れば完全に別物(あのオモチャがその色彩鱗を完全に再現しているのでしたら
話は別ですが…)
方よりも、彼は

白のシャツはアブが集中しづらいことを知っている
深い谷では日本で作り鍛え上げられた沢靴が信頼於けることを知っている
スパッツスタイルにヤッケズボンを重ねるのは堅牢な藪の突破、アブの猛攻を遮るのを知っている
簡素なまでに削がれた必要最低限の装備こそ軽快さ=機動性を知っている
釣り人としての所作をしっかりと心得ている


自分も深山に入りでの作業などの場面があるのですが
もう十代にしてここまで杣の世界に洗練というか、育てられてきたご両親の本当に素晴らしいこと!

もう秋に入り、ドライで旺盛に姿を翻すのは当歳系の若い個体ばかりでしたが
見ていて本当に気持ちいい清々しい釣りをする!
そして心強く万が一でも信頼の於ける素晴らしい釣り仲間がまた一人、増えました✨

DSC_1065.jpg

かくいう自分、もう一人の釣師として彼と肩を並べてのモードでした
釣りの棲み分けが違うので、ちょうど良い感じでスタンスなどを入れ替わりテンポで釣り上がります。
今回の釣行では今期、初めてハッカ油をひと吹きする位、アブが煩かったですが
やはり木々の緑がどことなく色褪せつつと、風に乗ってくる桂の甘い香りに秋を感じずにはいられませんでした…

DSC_1088.jpg

秋といえば、ミノーのカラーも錆ヤマメ系のダークカラーでこの流程は終始。
当歳の木っ端はテレストリアルを意識?でしょうか
スポーニングモードのヤマメにはテリトリー侵入者と感じる?
ワンキャストワンヒット状態と日曜の9:00という超スロースタートを感じさせない高活性

DSC_1080.jpg

しかし!尺が出ない (´Д⊂ 嗚咽…

DSC_1086.jpg

何とか頑張っても9寸…サイズダウンする始末…

一端退渓し、以外にもの大物ワンチャンス実績のある、本当に民家のど真ん中の里の川に河岸を変えて
こちらでは、リアクション誘発を意図とし、今期、大きいサイズに実績のある(自分比)アカキンヤマメで。

DSC_1112.jpg

残念ながらおチビさんでフィニッシュ!
釣り友は渇水細流をものともせずグラマラスなイワナを納めてホクホクでした♪

大人になって自由に遠くまでの渓流に行ける、朝夕の帰宅などの時間の制約がない
そうなると、その自由さ故に釣りがいつでもできる~お座成りになる感が。
今日、彼を見ていて、子供だけでおいそれと入れない深い谿の釣行のチャンス
その時間を、精いっぱい、自分の持てる限りの頭(思考)とテクを駆使し
丁寧に、時には粘り、余すことなく状況を見る・観察する、ティペットもフライも限られた小遣いから捻出でしょう
労りながら大切に使う、その姿。
サイズ関係なく出た魚への嬉しさ、ばらした時も悔しいよりも嬉々とした表情…
今日は自分が教えられました…
初心忘れべからず!

彼を自宅に送り届けた後の車中、ふと思うのは渓流釣りを始めた頃の帰路
今日の釣りは面白かったなぁ…
それに似た満足感というか幸福感がありました。

共に釣り歩く素晴らしい仲間が、また一人。
ようこそ!こちら側の世界へ♬
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。