fc2ブログ

記事一覧

どの口が言うかっ(呆)

先日、もう秋田渓流終了と、おセンチ(死語)なことをUPしたのですが…
どの口がモノを言うかっ(呆)

6月7月に大雨警報レベルの最中での川は確かに捕食に対しての警戒心と
プレッシャーが解かれて魚は大胆になりますが
お盆を越えてからはもう雨はとある一過性のキッカケでしかなく(これはいつか機会に解説したいと思っております)
この時期に雨や笹濁りは自分的にヤマメを相手では厳しい局面と痛感。

雨天により仕事のスケジュールが午後より空いたので
もう夕方も早々に暗くなる&歯医者の予約もあってで小一時間
市近郊の流れにと

DSC_1522.jpg

灌漑用水の調整のお陰で大雨警報が解除ではありましたが、小雨交じりでやや増水気味
しかし笹濁りも薄すく何とか釣りになる感じか?

平坦な流れですが圧しがあり空の光量も乏しく、雨と流れでアングラーにも魚にも視界が厳しいポイントでは
ブリブリと暴れ動き、カラーアピールも適う最強な一本!ピンクヤマメCHベリーをキャスト。
ここぞというポイントに差し掛かり、スティさせて通過間際に激しくトゥイッチを入れた瞬間
岩陰から一直線にミノーを引っ手繰ったのは30㎝後半サイズ(38㎝)

DSC_1577.jpg
※雨が強くで万が一のエスケイプを考えて一緒くたに、いつものやっつけ撮影(笑)

その間の何の気ない平瀬で良型を一尾。
やはりというか今日のコンデションではやはりイワナのみかなぁ~と…

もう遡行をここでラストにしようと一区切りのプールのポイントに差し掛かり時刻は16時近く。
鬱蒼とした森の渓とあってかなり暗く、いつもはこのシーズンで好果を得ているスプーンでなく
日本で生まれ今日まで数多のアングラーに愛されてきた
現代に遺る銘スタンダードゴールド単色の7gに結び直す。

ロングキャストし、着水しても尚、根掛かりを懸念しつつもラインを放出させ
棚を探り、中層より下あたりから、ゆっくりとしゃくり上げてはフォール
それを2回ほど探り反応が無ければ少し巻き寄せ、また繰り返しつつ
半分まで来たあたりで水中に大きな石(岩盤の突出)があるあたりで
フォールに移行する瞬間にガツン⚡
キキキキキ…ヂリリ…と水底に向かい一直線にドラグが鳴る
久々にラインも少し鳴く♪

沈めるスプーンではなく「滞空(水中)」「アピール」させる為の「S」
水馴染みし即、目標の眼前に到達させる為の「激アツ」
同じネーム(シリーズ)ウェイトでも、こう、表情(用途)が違うアイテムを揃えるあたりが
使い手側の戦術を細かく組み立ててくれて有難いなぁと思いつつ
ネットインしたのは、曲がり鉦(尺五寸)には少し届かないサイズ…(43㎝)

DSC_1594.jpg

DSC_1567.jpg

最後の最後(になるのかなぁ…(;^_^A までイワナ尽くし(笑)

DSC_1524.jpg

撮影できる陸地が乏しくと雨で、凝った撮影は叶いませんが
魚を置いて撮影すると暴れる度にリールやロッドが岩に擦れ、底砂まみれになり
※だからと言って魚にフックを掛けたまま空中にぶら下げての撮影だけは絶対にしたくありません。
タックルは傷だらけになりますが、それは魚を大切に扱ってきた証
アングラ―としての誇りと自分は思っております。

この雨で一気に魚達の秋本番が促進されるなぁ…
秋田が禁漁になれば残り10日、その促進の狙いを山形か青森でと思いながら車に戻ります

DSC_1615.jpg

銅褐色に染まりつつあって、これが錆びて痩せ細り、鰭もボロボロになる頃
北東北の秋も終わりを告げます…
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。