fc2ブログ

記事一覧

十和田湖姫鱒トライ

湖の釣りは2000年の芦ノ湖特別解禁時以来
(ん?協和の美山湖もあったか?これは記憶が曖昧。フライ時代にやったか?
池レベルでは十二湖の王池くらい…)

10年辺りからメソッド確率に開拓などで賑わいが隆盛を極めた十和田湖
流れのある河川の釣りや、芦ノ湖など旺盛に放流などされている湖沼でないイメージ故に
漠然とした釣りというイメージもあって縁遠かったのですが
よくメディアで見られる秋の景色の中での釣り
錦の落葉の絨毯に横たわるヒメマスの姿を写真に納めたいという願望もあって
今年、十和田湖にチャレンジすることに。
実はコロナ禍でなかったら9月30日に然別湖のミヤベイワナ特別解禁に申し込む予定だったのですが…

120757743_1748054162009998_6631980883482292182_n.jpg


世の中、便利になったもので、事前にYouTubeやブログなどを参考に
解禁日も速報系でUPされた方々の情報を参考にと
ただこれが良い情報なら良いのですが、今年は水温が高く接岸がまだ乏しいという
厳しい情報もと、考えようなところもあるのですが
むしろ、厳しい情報なら覚悟を以って臨むことができるというプラス思考で
6日朝7:00に現地に到着。
最初は中の平で開始。
数尾のヒメマスの姿が見られるも産卵行動らしき感じは皆無
2時間ほど粘るも何も反応なく、鉛山に移動。
ここで、先に入っていた若い方2名~延べ竿師の方が納竿している最中で
話を聞くと大きな雄を交えて8尾をキャッチしてました。
その姿を見て俄然、ヤル気が沸々と✨

120703569_1748054208676660_1447484987992879569_n.jpg

芦ノ湖の当時、東北でも随所で行われていた鮭の釣獲調査イベントにも参加していたので
姿さえ見つけられれば狙いどころはあるのですが、如何せん姿がまったく無い…
ブレイク辺りでステルスな個体を探るも反応は皆無
時おり沖合で跳ねはあるけど届くレンジではないしで、ひたすら回遊という希望を待つのみ…
そんなうちに眼前に、な!何と!!雄と雌のペアらしき2尾がじゃれ合いながらこちらに泳いでくるでは@@
ドキドキを押えながらシルバークリークミノー44Sヒメマスカラーのイエローオレンジを雄のほうに狙いを定めてキャスト
巧い具合に進行方向の手前に着水~そのままフォールさせると、その2尾の進行と交錯する感じ!
そのレンジに至り、アクションを加える!透明な水中~サイトフィッシングの醍醐味!
2尾の挙動が丸見えなんですが、な!何と(;´Д`) ミノーに反応したのは雌の方
派手なカラーのミノーが別方向に翻ったと思った否かで雌がグネグネと暴れる
以外にも小さいサイズと甘く見ていた!ロッドは引き絞られなかなかの弧を描く
水面で盛んに撥ねながら丁寧にランディング

120747154_1748054128676668_1830448917727077209_n.jpg

サクラマスの釣りとは違う忍耐の釣りと痛感(笑)
そして和井内貞行の夢の結晶…

120754875_1748054272009987_4857091039838822739_n.jpg

よく情報では、一尾釣れ始めればコンスタントに続くとのことですが
また小一時間沈黙…
キャストのレンジで跳ねがあり、その波紋が消えぬ間に狙い定めて周辺にミノーを打ち込む
また小気味いい感触が伝わるが、欲を掻きアワセを入れたら
いとも簡単にフックアウト(+_+) しくじった…
14時、帰路も考慮し納竿となりました。

何はともあれ、どんな釣りであるかの感触は掴めました。
数の釣りにも憧れますが、それ以上にセッパリの紅色の肢体~鼻曲がりという
大きくてカッコいい雄を目標にしたいですね。
あと1回、行けるか…なぁ~



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。