fc2ブログ

記事一覧

六角牛山、いい山でございました♪

ガイド業にていつもお世話になっております岩手の登山ガイドI氏と
夏から(厳密には冬から雪山一泊行も計画とかありましたが)週末のタイミングでプライベート山行
に行きましょうと企てるも、尽く悪天や双方の仕事の調整で叶わずに至り(;^_^A
今回も本来は私のホームである白神山地の小岳に向かう予定が
日本海側の天候が不安定ということで、太平洋側~岩手の六角牛山と相成りました。

四半世紀前に春先~新緑の頃に登った以来になります。
新緑の芽吹きの爽快な里の山という記憶はありました。久しくであり新鮮な気持ちで再びです。

落葉広葉樹にカラマツ。岩手の山の主たるイメージの樹木はカラマツですね✨
登山口界隈はまだ紅葉は折り返しにも至ってない感じですが高度を稼ぐと…

DSC_2198~2

ナラ(コナラ・ミズナラ)にカエデ類、ハリギリにトチ、ホオが主です。
ブナは乏しく、人の暮らしに根差した里の山の表情です♪

あと意外や意外?ヤマブシタケを多く見かけました。秋田では南部の深い山で見掛けるイメージ
登山口界隈に赤松も見かけましたがマツタケはあるかなぁ?と覗くも
残念(?…笑)ながら御姿は見かけませんでした(爆)

DSC_2176.jpg
この株の他に一本に数個生えていたりと

6合目辺りから登りは急峻を増し、岩も混じる、なかなか登り応えのある路に。
これが記憶にないのですが、当時は若かった(笑)こともあり、こんな坂というよりも
花や樹木に興味が無かった若造だったので新緑の美しい光景だけが鮮明に残っていたのかな?

一緒に登っているI氏と、山をはじめ色々な楽しい話、お互いのフィールドの話などに
盛り上がりながら、2時間程で山頂付近に

DSC_2190.jpg

雲が切れて青空が覗いてくれましたが、このちょっと前にミゾレが降っておりました。
初雪は岩手で迎えた令和2年…✨

DSC_2187.jpg

風が強く「風の又三郎」をはじめ「遠野物語」では寒戸の婆など
風をワードとする物語の地・岩手をイメージさせるに、むしろうってつけの天気だと感じました

DSC_2189~2

下山時に鹿の鳴き声を聞きました。
秋田も既に彼らの浸食を許してる領域です…どうなることやらと思いながらも
その彼らが生きつつの景観である山~人間がもたらした結果であることの意味も考えさせられました
鹿だけでなくイノシシや熊も然り…

8時ちょい過ぎに登り始めましたが正午前には下山完了
お互い、翌日はガイド業務ありですので、ちょうどよい塩梅の山でありました♪

下山後は遠野といえばジンギスカンということでお腹を満たして(笑)
今回はI氏の最初から最後まで行き届いたプレゼンで楽しませてと勉強にもなりました!
この場をお借りしまして御礼とさせていただきます。

次は秋田の山に遊びに来てたんせ~!





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。