fc2ブログ

記事一覧

レコードブレイカー‼ 洗礼を打破するモノ 

今日は本来であれば鳥海山登山のガイドが入っておりましたが
先日の地震に加え昨日からの雨で地盤及び雪の脆弱~緩みも懸念
そして本日の酷天もあり中止に。

 と、いうことで結局は川に…(滝汗)

先を振り返ると1日、GW本番の洗礼を痛感したのがメインを目論んだ川で
パーフェクトなボヲズ!

2019181727.jpg

きっと秋田県ボヲズ選手権があれば、もう表彰台は間違いない位の華麗なるボヲズを喫し
泣き( ノД`)で逃げた別河川で小ヤマメに何とか遊んでもらうという始末…

29483838373.jpg

秋田でまだお目に掛かれていない(この1日、2日時点で自分が知る範囲で)
ルアーを入手したのが2日。
で、このルアーを試すべく、今回の流程ではいくら雨といえ
そしてコロナ禍といえどGW…そして10時までしか時間がなく
魚というよりはスイムチェックする感覚で川に立ったのでした。
(と、ボヲズの時の為の保険を掛けておく…(笑)

8292920292.jpg

パッケージに書かれているポイントは皆無の流れ。
というか、自分的にバイブレーションは『瀬』で使ってナンボ。これは昨年のシチュエーションでも。
使用感に関してはそれぞれの持論がありますでしょうから割愛。
ただ言えることは、このバイブレーションはカタログやHPでの2次元でのビジュアルでなく
実際に自分の眼で見て確認して欲しい!そして使って欲しい!これに尽きます。
(あ、決してメーカーの関りの人間でございません。はい。いいものは(・∀・)イイ!!ただそれだけです)

そして今回の魚もトラウトステージ 14 で触れた通りステルスな個体でした。

PEがなんか怪しくて車でナイロン5lbに巻きなおしていたんですが
ここぞというポイント(に至る前に良場からダッグの野郎が水辺の草むらから飛び出しやがり
ポイントがオシャカ(;´Д`A ```って、前回までやれ自然の状況を有りの侭にとか
余裕ぶっこいたことほざいていたよね?)
でバイブレーションをキャスト
目星をつけた辺りでストップ~ステイ&フォール、そしてリーリング~2度目のステイで
『のそっ』っとしたアタリ。
瞬間、感触から大きくないだろうと(今思えばナイロン故のスポイル感か?)
手首でアワセを入れるも、本人は何か気付いてない?感じで粘り気のあるような泳ぎ
しかし伝わる重量感から「あれ?これ?デカいぞ?」と今度は大きく追いアワセを入れた瞬間
はいっ!またまたスティーズ・エアTWが悲鳴を上げる!
自分が釣られたということに気付いたその魚はシャロ―で背中を出しながら
水飛沫を挙げて一瞬で十数メートル上流に猛進!
ロッドがまたワインディングチェックからグンニャリと曲がる(;´Д`)
やべぇ!やべぇ!と心で慌てながらも口元は緩みっぱなし(笑)
何と馬鹿なことにランディングネットをどこかに落とした?のに気付かなかったみたいで
この巨体をどうやって獲るっちゅうの?と今度は青ざめる…
何とかファイトの末、シャロ―に導き、最後は手で掬いあげるように陸に放り事なきを得る
しかし問題はネットだ(;´Д`) 魚を鮎舟に入れ…いや厳密には入らないのである
頭だけ突っ込み、あとは岩で舟を囲い、上にも平たい岩で覆い
これで逃げられたら逃げられたでいい。何はともあれネットが優先!と下流へ戻るも見つからず…
雨の中、項垂れながらカメラを濡らしたくなく車中だったな…と戻りがてら
カメラも取りにいくと、嗚呼…ガックシ!(安堵&呆れ)リアラッゲージにネットが鎮座
そんな騒動の他に、この後、界隈の住民の方を巻き込む珍騒動もあるのですが
それはオラのSNSでの限定ってことで(笑)

_20210503_164339.jpg

残念なことに尾鰭が完全欠損してしまっております…(再生途中でありますが)
産卵床堀でなったようでなく外因でのことが濃厚。
養殖場や釣り掘は界隈に無いフィールド…しかし良型(こちらはこの後にキャッチ)も含めて
虹鱒、そして茶鱒の話が県全域で聞くようになりました…正直、由々しき問題かと…(-_-;)

_20210503_163040.jpg

_20210503_163308.jpg

しかしながらそんな気持ちと裏腹に秋田のレインボートラウトもなかなか✨見惚れます

72828202.jpg

また酷使させてしまいました…GW明けSLPWにチェックメンテ行き決定だな…(-_-;)

sakakaka.jpg
セッパリすぎっす(*´ω`*)

最後に終了点近くの流れの小さなギャップで良型のこれまたレインボーをキャッチの他
このタフウィークでバイブレーション、良い仕事をしてくれました✨

8292928373.jpg
このレインボーも小粒ながらなかなかの抵抗をしました!

しかし自分のテクよりもまだ秀逸なタックルのお陰でが相当に否めません…
道具におんぶだけでなく、やはり見合った腕を兼ね備えねばと痛感。
楽しみながら精進するのみです (`・ω・´)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。