fc2ブログ

記事一覧

冷静に考えると…

2尺を越える魚を5ft未満ULで獲ろうとすること自体 アタマが オカシイんですよね…
しかしサクラマス用で所有しているロッドリールさえ導入すれば苦も無くなんですが
やはりあの流程は長竿を振り廻すには無粋なんですよね…

仕事を終えて後日は半日を仕事道具の洗濯やメンテに費やそうと思ってましたが
深夜までに済ませて仮眠程度にて翌日、再び19日の川へ。
やはりどうしてもあの流れに帰っていった巨大アメマス…どうしても巡り合いたいと
自分が持ち得るロッドの中で以前58㎝のイワナを獲った
レングスのモデルを投入しようと。

現地は20日の好天と平水に誘われてか足跡が賑やかでした。
今日は小雨で本流は平水でありましたが、平水に移行しつつ魚も動いただろうと
別のポイント(支流)へ。

早速、ミノーをキャストすると一昨日のようなレスポンスは無いにせよ
初っ端から40cm近いサイズがヒット。
後は、チェイスを見るとアクションを止めてミノーをピックアップ(回収)
今日は本命を手中にすべく他の個体には目もくれずで臨む。
50㎝を越えているサイズをヒットさせ一応、撮影しようと思っていたら暴れて川へ。
むしろ、これで撮影できていたら安堵というか安牌での釣り~グダグダになっていたなと
自分に言い聞かせ、そろそろ午後の要件にて戻る頃合いだな…と
先ほど気になっていても何も反応の無かったテトラ帯の際に戻り
再度、クロス気味でテトラの際ではなく距離を置いてトレースさせると

ズドン!!

水面下がギランギラン!最初はサクラマスか?と思いながらも
粘り気のあるトルク、これはアメマスだ!
サミングドラグで調整しながら、騙し騙しでファイト
10分位、寄せては走られの繰り返し。
ただ今回、幸い(?)したのは、水量が無く流心も強くない、残念ながらサイズは70も無い…

soapernc.jpg

乞食根性恐縮(笑)
さっきの50オーバーのように逃げられる前に撮影…正直、無粋ですね…

ksjhdieuj.jpg
メジャーがテープタイプでないので、端数を省き60㎝ジャストということで
と、いうより、もっと大きいのを追い求めたく、60と70の狭間はどうでもいいかな…

hsnmeopv.jpg


顔の優しさ、尾鰭の産卵床堀の欠損から雌かと。

しかし、改めてこうして眺めると、一昨日、流れに帰っていったあのアメマスは
本当に巨大だった…と、悔しさというか自分のヘタレさにうんざりする…

テトラ帯でのトレースのラインのツボを掴んだので帰り時間までのトライ

eydpppp.jpg

良型をお世話になっておられる方への贈答用に4尾だけ有難くキープさせて頂き
他は再会を願い✋


gsgshs.jpg

双方とも新品開封間もなくで使用したものです。
上の岩魚カラーが19日のモンスターを掛けたもの。
下は今回の60(テールが折れているのはネットに絡んだ際かと)
さすがにあの歯ではペイントは剥離しますが、アイ周りの破損など皆無!
このミノー、本当に素晴らしいの一言に尽きます!

さて、そろそろ6月~初夏!どんなトラウトに巡り合えるか(*´з`)
ワクワクしかありません♪
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。