fc2ブログ

記事一覧

こんな時でも

異例づくめの、もう災害を通り越した、何とも言い得ぬ大雨のお盆
こんな中でも一応、安全圏での釣り~流れがあるのは
やはり昔取った杵柄というか引き出しをどう駆使するか

DSC_4411.jpg

轟轟とした流れでも、岩魚は元気で良型のみ友バックに納めて陸地で撮影

DSC_4395.jpg

50に届かずですが濁流と結託しての泳ぎでロッドは軋みっぱなし
ただ無駄にドラグが鳴りラインが出る…

DSC_4420.jpg

巻きの反転流の淀みは濁りが散って、辛うじて水色が見通せる感じ
反則ミノー(これ釣れて禁じ手です)で。
尺はアップしないと言いつつも、このタフコンデション、いや過酷コンデション下では嬉しい結果でした

今回は何とか岸が呑まれていない地形があったので撮影できましたが
どんなに小さなサイズであろうとも魚をぶら下げての撮影(食する前提であればそれはアリかと)
絶対にあってはならないというのが自分のポリシーです。
魚をぞんざいに扱うことで、魚から得られる情報を逃していることに気付いてないんでしょうね。
丁寧に扱い、じっくりと観察(魚に負荷をかけない範囲で)してこそ
対象魚の特徴、特性を得られるチャンスである~自分はそう思っております。

DSC_4378.jpg

そしてシーズン終盤でありますが、その自分の観察眼を形にしてみました。
というか、今現在、好きなフローティングミノー、まだカタログには掲載こそされてはいるのですが
店頭に置いてない(´;ω;`)ウゥゥ
注文するにも数は要らないし…ってことで、無ければ自分でつくる(笑)
今日、スイムテストしてみたらあっさりと掌サイズの岩魚をキャッチ(笑)
ただ、この無垢な岩魚はどんなのにも喰らいつきアタックするので何も検証になりませんが(-_-;)
自分用と釣り仲間に試してもらいたくで10個位でいいかなと。
正直、ハンドメイドミノーは何か神がかり的というかカルト的な威力(性能)はあると思ってません
むしろ樹脂製量産ミノーの方が釣れると思っている派です(キッパリ
ただ、やはり高水温時の三角波立つ瀬のド流心は、フローティングミノーで出せたら気持ちいいじゃないですか✨
ただ単にそれだけです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。