記事一覧

意外にもパワースポット(らしい)

「佐竹氏、禁伐の森」
として現在まで続いてきたのが仁鮒にある七座山です。
「国の宝は山なり、山の衰えはすなわち国の衰えなり」  
家老:渋江内膳政光の号令のもと
徳川幕府の時代、江戸で大火や天災による城や城下の一大事の時の為に
杉をストックしておくべく、久保田藩・佐竹氏が伐採を禁じたのが今現在まで
受け継がれ、樹齢200~300年の巨大な天然秋田杉をはじめ
原生的で同じくである巨大な落葉広葉樹や
秋田県でも稀な植生の態系が色濃く数多残っております。

そして何より「座」(くら)と示す地名や地形は(例えば谷川岳の俎嵓(まないた“くら”)等)
急峻で切り立つ山の連なりや拡がりを示すもので
その七座山の容姿が龍の背に見立てられ
龍が隣接する米代川に水を飲みに来ている位置づけで(水と接しているのが良い縁起だそうです)
風水的にパワースポットとしても最近は人気になっているようです。
nifu (2)

今回は登山はせず、冬季は通行止となる車道をスノーシューで往復5km歩きました。
道端でも存分に幹幅1~2mもの巨大秋田杉やミズナラ等が見られます
※写真技術もなく、そして比較となる同行者も居らずで、写真の木々は普通の杉のように
見えてしまいますね(^^ゞ

nifu (5)


nifu (3)


nifu.jpg

冬ならではの光景、広葉樹の葉が落ち、山の斜面の上部まで見通せるので
夏は鬱蒼としている七座の景色も、森の中にこんな素晴らしい杉が、たくさんあるんだ!と
改めて感動させられます。

ブナの森も良いですが、秋田のイメージツリーであり生活に密接に関わっている「杉」
パワースポットと紹介しましたが、この地のもう一つの顔は白神山地の南端の位置付けでもあります。

今度はガイド下見も兼ねて久々に登ろうと思っております。




スポンサーサイト

コメント

No title

雪で白くなった秋田杉の七座山、素敵です!
あの中には、シーンとした静かな時間が流れていそうです。

Re: No title

BULEさん

冬以外は車が往来。自分も車のスピードで通り過ぎることが多多です。
けど冬は、動物の足跡しかない道を、ゆっくりゆっくり。
これも雪の季節ならではの楽しみ方ですよね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 浩二

Author:佐藤 浩二
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策担当)

「Mountain pilot 森・沢山」として
この春より秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開いたします。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら世界遺産地域の巡視(林野庁)活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。