記事一覧

奥入瀬渓流グリーンミレット

この週末は森吉山に一泊で入る予定でしたが悪天候予報だったので中止。
所属しますRound Adoventure Moriokaで同じく、この週末に
青森県奥入瀬渓流の岩壁の滝(水の浸み出し)等が凍り、氷瀑となる
グリーンミレットでアイスクライミング合宿を一泊で行っていたので
土曜は仕事(※山でない方)を入れてしまったので
日曜だけ現地に合流しての参加となりました。

au.jpg

仙台の会の方々も合同での開催で総勢11名
土曜は予報に反し?ての青空の下で一日中、登り倒したそうですが
今日は朝から気温マイナス2℃と奥入瀬にしては暖かい…
しかも湿り雪が降るなどが加わりコンデションは厳しい。
飛沫こそ出てませんが、瀑の所々には穴が開いて下の流れが覗き
湿り氷特有の感触…

au (2)


自分としてはシーズン始めなので、無理せず身体慣らしで1登できれば充分と
思っていたのですが、1登目はあれ?ギャップの大きさとバイルが良い塩梅で
決まり、フッキングが容易なディンプルも多く、スムーズに中間部まで
(ただ隣接するロープの登攀者が上部でスライド気味になり氷が落ちてくるので
エスケイプでロープダウン)

au (3)

会長や皆さんが「自分達は昨日、存分に良い氷で登り倒したから」と
2登目を勧めて下さり、感謝でした。
2登目では同じラインでさっきまでのポイントにスピードで至りましたが
残りの上部、氷が道理で落ちてくる筈!薄い!!薄すぎる(汗)

au (4)

ケッツアは力を入れず、歩く感じで蹴り込むだけで効く、足を上げられる棚氷であるのも
助かりましたが、バイルは刺さり過ぎるので、なるべくフッキングだけの省エネ攻法でした
上部ギリギリまで登り攻めたい気持ちが逸り
30cm片の氷を剥離させてしまい「ラク」と叫ぶ…これは猛省すべき点でした

as7u.jpg

今回の収穫はRAMに入会し、まだまだ他のメンバーと顔を合わせてない人と
接見でき、お話しができたこと。
そして、みんな終始、笑顔。けどその眼差し、言葉の一つ、一つが「好き」を卓越して
お互いが切磋琢磨しようとする(ジャケットの撥水性や素材で、お互いの経験やいろんな
メーカーを見れたりと。ジャケットだけでなく、ギア等も含め情報交換)
そして、みんなが攻める(登っている)メンバーを最後まで見届ける
本人の意思を尊重。ボタ雪の中、決して後が控えているから、
寒いからと下の人間の一声で強制終了させたり
ダウンしたい人間を下そうとせず強制的に登らせようとしたり)

一体感で見守っているのが伝わる。最後、完登できて雄叫びを上げた方の
満面の嬉しさを見てて、みんな自分のことのように
嬉しがって喝采。その輪の中に加えて頂き、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

氷が緩んできたのと、降雪が激しくなってきたので正午には終了となりました。

既にRAMではアイスや厳冬期登山合宿など数回行われており
私もなかなか参加できずですが、タイミングが合う限り喰らい付いていこうと思ってます。

※他の先輩メンバーの美しいムーヴの写真も多々あるのですが
肖像的関係で見苦しい姿(私)のみでスミマセン…(汗)




スポンサーサイト

コメント

No title

自然の中での遊びって、いろいろあるんですね~!
日によって 時間によって 刻々と変化していく氷と向き合うって、どんな感じなんでしょう?
氷全体が生き物のように感じられたりしますか?
未知の世界に、興味津々!

Re: No title

BLUEさん

> 氷全体が生き物のように感じられたりしますか?

当に、生命というか、その時~しかも時間で表情というか性格が
変わって面白いです!
感触も太陽が少しでもでると柔らかく、陰るとまた〆まる
音も変わるんです。その表情で今の「壁」の機嫌を伺いながら
読むというか、そこも面白さの一つです

> 未知の世界に、興味津々!

その興味のフィールドに向かってみたいと思うような
魅力を発信したいと思います!
杣の世界、沢登り等をはじめ東北は「日本の登山」の源流(ルーツ)
が数多ですよー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 浩二

Author:佐藤 浩二
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策担当)

「Mountain pilot 森・沢山」として
この春より秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開いたします。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
白神山地のガイドの傍ら世界遺産地域の巡視活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。