FC2ブログ

記事一覧

岩谷山  鎮守の森の春を歩く

秋田市近郊~岩見三内の中でのように均整がとれ
頂上付近におあつらえ向きにウメボシ?のような岩を鎮座させている山
それが岩谷山(366m)です。
かつては修験信仰の山として崇められてきた歴史があります。
それは名前にも由来しておりまして

1k (4)


今日は私の同級生と、その姪こさん(小4)の登山デビューを
お手伝いがてら、標高こそ低いのですが、コースはピリッと辛い
参道コースの往復で里山の春を楽しんでもらうことに。

って、この日の気温は28℃ 無風炎天下の春を通りこして真夏!

9:00に登山口の鳥居をくぐり、程なく岩谷山神社に。
今日の登山の安全を祈り、最初は鬱蒼とした暗い杉植林の平坦な道を進みます

1k (9)

その平坦な道がだんだん明るくなりつつあると、杉は消えて、そこからコナラやヤマグリ等の
落葉樹だけの(ぽつぽつと赤松は混じります)急峻な坂が頂まで続くコースとなります!

1k.jpg


ゆっくり、ゆっくり…歩幅を小刻みに、所どころで休憩をいれつつ
雪解け後の花はもう終えてましたが、地面にはシュンランをはじめ、ウスバサイシン、エンレイソウ、スミレ等
マイヅルソウにチゴユリ、ホウチャクソウはまだ蕾でした。
灌木の類はタムシバやオオカメノキ、そしてムラサキヤシオがぽつぽつと
春花を楽しみながら高度を稼ぎます

1k (2)

1k (8)
ふう♪立派なミズナラの根元、丁度よいチェアだね~

この山が信仰である謂れは名前の通り「岩谷」
中腹の岩壁に岩窟があり、そこを「穴薬師」と呼んでおり、中には石に掘られた薬師如来
その床にはびっしりと川原石が敷かれて(本来は積み上げられて
いたものですが経年で崩れて敷かれたように)おります。
この岩室で修験の修行を行ったり、麓の人達が代々に渡り、眼下に流れる岩見川から持ってきて
祈りと共に積んだ。そんな信仰の空間であります。
※因みに、3年前には穴薬師へのアプローチはステップもあり、岩壁上部の鎖もしっかりしており
また地域でこの山を愛好されている方の御尽力と御好意によりしっかりとしたロープも設置されていたのですが
今では訪れる人も皆無なようで道は相当に荒れて久しい感じと見られたので至りませんでした。


遠巻きに穴薬師の入り口を見ていたら、ビックリすることに我々の声や気配を察知したのか?
中から立派なカモシカの雄が飛び出して、悪い足場をものともせず、尾根の方へ颯爽と駆けあがっていきました
これには二人、驚きと共に大喜びでした。

1k (5)

登り始めて1時間半程で、目の前に、それは立派なブナの大木が見えると尾根です。
そこからはちょっとしたブナ林(本当に50~70m位)

1k (6)

今日みたいな炎天下は木影が本当にありがたい♪

そして、そのブナ林を過ぎると、二人声を揃えて歓声を上げます!

1k (3)

この山で一番の見どころ見晴らし岩に至りました。
(先に触れたウメボシの所です)
眼下には岩見川をはじめ、とおく鳥海山まで明瞭に見えます。
小さい山ではりますが、こうゆうロケーションは秋田県内でも稀な名山ではないかな?と。
小4、一生懸命頑張ってきて自分の足で体験した景色なら尚更です

眼の前に太平山が見えると山頂までは、もうひと頑張り!

1k (7)

笹や灌木が開けるそこが頂上(11:20至)
山頂三角点にタッチ!そして記念撮影と、登山デビューここまでは大成功

お昼は少し早く(11:30)先程の見晴らし岩で摂ることに。
ただ日差しが強すぎて、ブナ林の狭間の木影で。
ふと根元に眼を遣ると、イワウチワもピンク濃い蕾を沢山付けてる姿が…

下山は来た道を戻るのですが、急峻な下り、登りよりも難儀します
ましてや初めての登山であれば尚更…です
ユトリア側の新道も考えたのですが、登っては降りるまでが登山ですし
そこは、ゆっくりと慎重に、そして、無理させずロープを出してアクティビティ感も
(結構、スリリリングなシチュエーション、全身五感を使うのを楽しんでもらえたと思います)
眼下の雑木林に杉の姿が見える頃には
やり遂げた達成感と共に「もう終わり?」と物足りなさも混ざったり(笑)
秋田にまた一人、山ガールが誕生した瞬間かも?です

ただ、まだ道は残ってます。最後の最後まで、神社で無事、戻ってこれた御礼をし
14:00に鳥居をくぐり、下山完了!大大成功でばんざ~い♪

帰りは、先に触れた、温泉ゆとりあで汗を流し、今回の登山を終えました。

姪こさん、徐々にステップアップし、夏休みには鳥海山を目指したいとのこと!
応援しますよ








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 浩二

Author:佐藤 浩二
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策担当)

「Mountain pilot 森・沢山」として
この春より秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開いたします。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら世界遺産地域の巡視(林野庁)活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。