FC2ブログ

記事一覧

富士山:負荷(ボッカ)行

8月25日・26日、都内の映像製作会社よりの依頼にて
富士山の番組の撮影機材のボッカ行で富士吉田口より、八合目に泊まり
御来光の時刻での頂上~御鉢界隈を経て、同・登山口に下るという内容で
同行しておりました。
実は過去の富士登山も全て、ショップで企画された登山ツアーのサポートでの同行でと
個人的なレジャーとしての登山の経験がありません(^^ゞ

DSC_0155.jpg

今回、注意せねばならなかったのが荷の横幅がどうしてもあり
狭い登山道に加えて、ハイシーズンは過ぎたものの、逆にラストウィークに近いこの山の
人の往来の中、緩衝しないように身を捩り、そして、歩きやすい部分はどうしても
人が集中し停滞するので、誰も通らないギャップを全身で突破する場面も多々でした。

都内事務所でチーフ兼カメラマンであるK氏とスタッフのK氏と合流し
正午過ぎに富士吉田口を発ちます。
この時には大粒の強い雨で、ロケになるか否か?心配でしたが
天気予報と時計の気圧計では好天になる感じも見受けられ、先ずは行ける所までと
なったのですが6合目の案内所では雨も上がり暑からず寒からずの良いコンデションの中
7合目に差しかかる辺りでは、ご覧の空に!
IMG_8588.jpg

順調に高度を稼ぐといつの間にか雲は目線と同じ~眼下になりつつ
DSC_0158.jpg

16時30頃、宿泊(というか仮眠)の宿となる「蓬莱館」さんに到着。
奇しくも過去の宿泊は、ここの率が高く、自分勝手でありますが縁を感じました。
スタッフの皆さんには大きい荷物の置き場やらスケジュールやらで寛容にして頂き
感謝でありました。

夕刻の富士山の情景を押さえるべく、チーフと共に界隈での撮影に。
本当に空(天気)が揚がり良かった~明日の朝も期待が持てると
話しながら。
IMG_8591.jpg
その後は、夕食を済ませ、20時には就寝。

深夜0:00に起床し、準備を済ませ、0:30に宿を発ちました。
富士山名物のヘッデンの川が眼下に続きます。

月明かりの下ですが星の輝きは平地では見られないほどの力強さ
快晴の放射冷却ではありますが無風なのが幸いし
良いコンデションの中、歩けましたが、流石に9合目からは久々の高度と重量のせいか
一歩一歩が重くなり、チーフに遅れること30分で4:00に山頂(久須神社)に
追随できなかった点は多いに反省せねばなりません。

気温は4度。無風。

DSC_0173.jpg
5時に空が白みはじめ…

IMG_8633.jpg
黒と蒼の色だけの景色に日差しの朱味が差すと…

IMG_8636.jpg
御来光が姿を現す

その後は、火口縁~久須神社から浅間大社(奥宮)の撮影や取材を経て
11時15分に下山開始。
8号目界隈で雲~ガスが立ち込めはじめ、15:00に下山完了し
今回のボッカを終えました。

富士山は登山というよりは特殊な形態な山だと今回、改めて痛感
下山時に特異な砂礫の道で爪先に加重がせ然る得ない状態
(カカトからだと背負っている荷物のバランスで滑りまくるので)で
下山してから靴を脱ぎ、指をみたら・・・もう凄惨な状態に(^^ゞ
やはりまだボッカ道を極めるには体力だけでなく、細かなメソッドやスキルが
足りないと、新たな課題が明るみなった山でもありました。

今回、私がホームとして携わっている世界自然遺産「白神山地」から
世界文化遺産「富士山」を見る機会にもなったのですが
形容から地域、全てにおいて真逆であるフィールドではありましたが
良い意味でも悪い意味でも参考になった部分~
収穫が多多でもありました。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 浩二

Author:佐藤 浩二
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策担当)

「Mountain pilot 森・沢山」として
この春より秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開いたします。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら世界遺産地域の巡視(林野庁)活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。