fc2ブログ

記事一覧

雨の小岳を歩く

秋田白神ガイド協会~エコツアーイベントが東北地方の梅雨入り宣言の13日
小岳(標高1042m~白神山地の秋田県側・緩衝域に隣接)登山として行われました。

motake (2)

熊の爪痕が沢山のブナ

登山参加者は秋田県内を中心とした15名の参加者。
私はパーティーより先に進んでの熊の警戒役としてでの参加であります。

いつものように遺産センター「藤里館」で受け付け~登山前の白神山地の簡単な説明
小岳の特徴などをレクチャーを経て粕毛林道を小岳登山口へ。

motake.jpg


登山開始は9:30~新道から至り、旧道で下りるコース。

天気は生憎の小雨と濃いガスで眺望も望めずの林道でしたが
登山開始では初夏のブナ林は雨具要らずという位の雨が気にならず
かつ暑くないので纏わりつく虫も皆無で、軽快・快適な登山になりました。

また、ガス、雨のお陰で森の姿が生き生きとし、ブナの樹幹流や初夏の花なども
楽しむことができましたよ

motake (4)

motake (3)

motake (5)

尾根に出ると山頂は辛うじてガスの中に見え隠れ。

motake (6)


motake (7)

丁度、正午に山頂に至り、座れば笹をはじめ灌木類(ガクウラジロヨウラクが見頃♪)
風は避けられるので昼食を摂ってから早々に下山でしたが
下山の途中で粕毛源流部のガスが晴れて白神の深い森の姿が…

motake (8)

尾根を過ぎて森林帯にはると空が明るくなった感と共に
エゾハルゼミや数多の鳥の鳴き声がし始めました。空が上がってきつつある証拠です♪

旧道の途中で日差しも出てきて、下山完了には青空が広がっておりました。

motake (9)

※旧道の一番の見所「千手観音ブナ」です

みんな、今回のような天気で最初は「正直…」とネガティブな感じも否めなかったようですが
雨の森の実際の姿を体験できた~良かったという声を戴き、スタッフ一同、安堵と共に
達成感を戴きました。

今回の山で、ただ一つ気になったのが、熊の息遣い~痕跡というか
生活感が希薄な感じがしました(真新しい爪痕や糞が全くありませんでした)
森の異変でないことを願うばかりです…







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう こうじ

Author:さとう こうじ
公益社団法人日本山岳ガイド協会 
職能別資格:登山ガイドSt.Ⅱ取得
上記~認定団体「白神フォレストガイズ」所属
(遭難対策理事)

秋田県登録
あきた白神認定ガイド

「Mountain pilot 森・沢山」として
秋田県をはじめとする東北~東日本を主とした登山ガイドを展開しております。


ローカライズとしては
世界遺産「白神山地」その秋田県側となる
藤里町秋田白神ガイド協会に所属
藤里町捜索救助隊 隊員

白神山地のガイドの傍ら
自然公園指導員(環境省)
世界遺産地域の巡視(林野庁)
の活動に携わっております。

白神山地…この名前は一度は耳にしたことがあるかと思います。
原生より今、この瞬間まで、脈々と息づいてきた純然な森がそこにはあります。
そしてその森が育む、空気、水、生き物、山の幸、美しい光景や自然現象
このブログでは少しでも、自然豊かな森の魅力を発信できたらと思い開設致しました。

そして白神以外にも、プライベートとして
『RAM』Round Adventure Morioka
http://ram-chan.com/index.html
に所属しております。

北東北~東日本の主要山系から沢、岩場、雪山も歩いております。
森の魅力と同時に、山の楽しさも一緒に伝えられたら幸いです。

https://www.facebook.com/beechmori/
「Mountain pilot 森・沢山」
も併せて是非、ご覧下されば幸いです。